会社概要

会社名
有限会社マメタイムス社
創刊
昭和22年1月11日
(第三種郵便物認可・昭和23年3月31日)
創業者
佐川正素
資本金
500万円
夕刊紙
タブロイド判(通常8頁)
住所
〒962-0831 福島県須賀川市八幡町125
電話
0248-75-2062
FAX
0248-76-5303
メールアドレス
mametime@f8.dion.ne.jp

須賀川の新聞とマメタイムス社の歴史

 明治以来、福島県には福島新聞、福島民報、福島民友の順に全県を対象とする新聞が創刊。
県中に位置する須賀川町(現・須賀川市)には太平洋戦争前から戦争中にかけて、須賀川毎日新聞、須賀川時報、昭和時事新報があり、それら三紙はマメタイムス社に変更し現在に至る。

 昭和十八年戦局も苛烈となり、物資も窮屈になると、政府一は一県一紙を打出し、福島県でも福島民報一紙が残ることになり福島新聞、福島民友の二紙を始め、各市町村の地方紙はみな廃刊。本紙は戦後間もなく須賀川町に発刊しました。

 マメタイムスは全国紙の中外商業新報(現在は日本経済新聞)、河北新報(本社・仙台市)、福島民友(本社・福島市)の新聞記者を経た、創業者の故 佐川正素社長が戦後間もない昭和22年1月11日、混乱した世相の中で第一号を発刊。当時は隔々日刊、ついで隔日刊へ、そして間もなく日刊となり、戦後間 もない、混乱と物資不足の中で、取材、編集、印刷、そして読者のもとまで配達する日々が続きました。地方紙として、いろいろな地方のできごとを「知りた い」とする読者の要望に応えて「知らせたい」として発足したマメタイムス。創刊当時は印刷機をはじめ、活字も印刷材料も紙もない時代で苦心の日々の連続で したが、地域のできごとを「早く正しく読者の手元へ」、一を心がけて努力を続け今日に至る。

創刊
昭和22年1月11日
1000号
昭和26年7月19日
2000号
昭和29年11月16日
3000号
昭和33年3月14日
4000号
昭和36年7月14日
5000号
昭和39年11月12日
6000号
昭和43年3月19日
7000号
昭和46年7月28日
8000号
昭和49年12月14日
9000号
昭和53年5月13日
10000号
昭和56年10月2日
15000号
平成11年1月1日
20000号
平成28年10月13日

△ページ上部へ移動